バスタオルのサイズについて|名入れタオル販売の専門店・イータオル.JP

お問い合わせはこちら
 
まずはご相談下さい
FAXご注文用紙
定番品・名入れタオル
超特急・名入れタオル
日本製・名入れタオル
名入れガーゼタオル
名刺ポケット付タオル
ご購入ガイド
名入れタオルガイド
ご利用事例
当店について
グループサイト
NP後払い

バスタオルのサイズ


バスタオルは一般的に、湯上りで体を拭くときに用いられるタオルです。

タオルにはサイズ規格がないため、バスタオルの大きさもメーカーによって様々です。だいたい幅60~65センチ、長さ100~120センチがバスタオルとしては平均的であり、中には幅70~80センチ、長さ120~150センチという「大判バスタオル」と呼ばれるものもあります。

バスタオルの起源は古く、紀元前2000年頃に布面にパイルを持つ織物が発見されたことから、入浴が盛んだった古代ローマ時代にはすでにバスタオルのようなものが湯上がりに使われていたとされています。

日本にタオルが入ってきたのは、一説によれば明治5年。それ以前は浴衣を纏って身体の水分を吸収させるか、手ぬぐいを使って拭いていました。
明治27年には現在のタオルの大生産地である愛媛県今治市で機械による生産が始まり、大正以降は庶民へも普及。その頃から、一般家庭でも湯上りにはバスタオルを用いる習慣が広まったようです。

バスタオルは起毛が長く、厚地で柔らかい風合いが好まれ、刺繍が装飾された高級ブランド品は贈答用としても利用されます。
大きなバスタオルは、湯上がりに火照りが冷めるまで身体に巻いたり、子どものオムツ換えで下に敷くなど、身体を拭く以外にも重宝されています。