顔料印刷-タオルへの印刷方法|名入れタオル販売の専門店・イータオル.JP

お問い合わせはこちら
 
まずはご相談下さい
FAXご注文用紙
定番品・名入れタオル
超特急・名入れタオル
日本製・名入れタオル
名入れガーゼタオル
名刺ポケット付タオル
ご購入ガイド
名入れタオルガイド
ご利用事例
当店について
グループサイト
NP後払い

顔料印刷とは


顔料印刷とは、タオルへの印刷方法のひとつです。顔料インクを合成樹脂液(接着剤の役割を果たします)に混ぜ、 その液をタオルの表面に付着させてプリントします。 硬いインクを使用するためにじみが少なく、細かいデザインのプリントが可能。また、染料印刷に比べて作業工程が少ないため、 印刷に時間がかからずコストを抑えることもできます。細かいデザインに対応できること。そして早く・安く仕上げることができる顔料印刷は、 オリジナルタオルの製作によく用いられています。
顔料印刷で注意しておきたいのは、顔料の色をそのまま再現することが難しいという点です。 なぜなら顔料インクはタオルの毛足表面に付いているだけなので、タオルの地色が見えてしまうからです。
具体的に、例えば白地のタオルに緑色の顔料印刷をするとします。プリントした部分を見ると、 表面に付着した緑色とタオル地の白色の両方が目に入ってくるでしょう。その結果、 もともとの緑色よりも少し薄い緑色に見えてしまうのです。
顔料印刷は、硬いインクは細かいデザインの再現を可能にするというメリットがある反面、 仕上がりを硬くしてしまうという難点もあります。特に濃い色は、色落ちを防ぐために硬い仕上がりになってしまいます。