のしについて|名入れタオル販売の専門店・イータオル.JP

お問い合わせはこちら
 
まずはご相談下さい
FAXご注文用紙
定番品・名入れタオル
超特急・名入れタオル
日本製・名入れタオル
名入れガーゼタオル
名刺ポケット付タオル
ご購入ガイド
名入れタオルガイド
ご利用事例
当店について
グループサイト
NP後払い

のしについて


のしは、タオルを贈るときに添えることが多くあります。
のしは、一般的に慶事における進物や贈答品に添えるものです。

のしは元々、鮑を縁起物として贈り物に添えていたことに由来します。
長寿を表す鮑を使っていたことで、のしは延寿に通じるものとしてお見舞いなどにも使われているのです。

現在は簡略化され、水引とのしの入ったのし紙をかけることが一般的。
水引は贈り物の包み紙を結ぶ紙紐で、本数は奇数となっています。
水引は贈り物の目的に応じて結び方が異なりますので、目的に合わない結び方のものを選ばないよう注意しましょう。
相手に対して、失礼になってしまいます。

のしには種類があり、贈る目的に応じて選びます。次にご紹介する種類を覚え、適した物を選びましょう。


■祝いのし 紅白蝶結び
一般的な祝事、お中元、お歳暮などに使います。何度でも繰り返したいという願いから、結び直しができる蝶結びの水引を使います。


■祝いのし 結び切り(10本)
固く結ばれて離れないということから、婚礼関係の祝事に使われます。水引が偶数の10本になっているのは、夫婦は2人で1つという意味を込めて、5本を2つに合わせたものが使われているからです。


■祝いのし 結び切り(5本・7本)
お見舞いや快気祝いなどに、何度も起きてほしくないという願いを込めて使われます。お見舞いの場合は、病気を延ばすという意味に受け取る人もいますので、のしなしにすることもあります。


■仏のし 仏・藍銀水引
お悔やみは二度と繰り返したくないものですから、水引は結び切りで黒白を使います。のしは付けません。