匁(もんめ)について|名入れタオル販売の専門店・イータオル.JP

お問い合わせはこちら
 
まずはご相談下さい
FAXご注文用紙
定番品・名入れタオル
超特急・名入れタオル
日本製・名入れタオル
名入れガーゼタオル
名刺ポケット付タオル
ご購入ガイド
名入れタオルガイド
ご利用事例
当店について
グループサイト
NP後払い

匁(もんめ)


タオルの重さを量るときに使う単位を「匁(もんめ)」といいます。

普段の生活ではほとんど聞くことがない単位ですが、この匁は古くから日本で使われてきた重さの単位です。

匁は、尺貫法で質量を表す単位として用いられていました。明治時代に、銭(せん)という単位が改名されて匁になったのです。
昭和以降は尺貫法が廃止されたため使われなくなりましたが、タオル業界では重さの単位に匁は今も使われています。

1匁の重さは、3.75gと規定されています。タオルの重さは1ダース(12枚)単位で量ります。
200匁はタオルの標準的な重さとされていますが、200匁の1ダースの重さは750gとなります。
1枚あたりは、750g÷12で計算され、1枚あたり62.5gです。


タオルを販売している業者では、軽い160匁のタオルから重い220匁のタオルまで、重さによってさまざまなタオルを分類して扱っています。
重さによる特徴がありますので、特徴を理解して用途に適したタオルを選ぶようにします。



オリジナルのタオルを作ろうとしている人は、重さによる特徴を理解して、自分の希望に合ったタオルを選ぶことが大切になります。
タオルの製作業者によっては、生地のサンプルなども見せてもらえますので、重さと生地の特徴をあわせて確認すると良いでしょう。