今治産のタオルについて|名入れタオル販売の専門店・イータオル.JP

お問い合わせはこちら
 
まずはご相談下さい
FAXご注文用紙
定番品・名入れタオル
超特急・名入れタオル
日本製・名入れタオル
名入れガーゼタオル
名刺ポケット付タオル
ご購入ガイド
名入れタオルガイド
ご利用事例
当店について
グループサイト
NP後払い

今治産


明治27年に、阿部平助氏が綿ネル機械を改造してタオルの製造を始めました。

明治43年には、麓常三郎氏がタオルを同時に二列織る機械を考案し、大正元年には中村忠左衛門氏が大衆向けのタオルを開発しました。その後、大正13年頃に高級なジャカード織りの今治タオルの生産が始まっています。

今治産のタオルは、日本国内だけでなく世界でも有名で多くの人に愛用されています。国内最大のタオルの産地として、今治は知られているのです。

今治は、高縄山系を源流とする蒼社川の伏流水や、霊峰石鎚山より流れ出た地下水など、硬度も低く貴金属なども少ない良質の水が豊富です。晒しや染めに適した水があることが、今治がタオル生産地として大きくなった理由でもあります。

軟水を使って生産されたタオルは、やさしい仕上がりになり、繊細で柔らかな風合いになります。今治産のタオルの品質を支えているのは、きれいで豊富な水資源です。

今治タオルは染色技術も優れています。タオルにはなくてはならないやさしい風合いと、鮮やかな染色技術が、今治産のタオルを最高級のタオルにしたのです。